10万円違う!60インチのテレビ比較2018

型落ちなら10万円安かった!!
60型テレビの選び方についてまとめました。

60インチTVの最安値ニャ!

60インチの相場価格は15万~27万円です。

60インチは激安機種が売られていないため基本的にはシャープとパナソニックの2つから選ぶことになります。

安く買うにはどうすればいい?
1年前の型落ち品なら10万円くらい値引きされてるニャ!

メーカーで選ぶニャ!

60インチテレビを販売している主なメーカーは以下の2種類。

  • シャープ(アクオス)
  • パナソニック(ビエラ)

メーカーの共通点まとめ

比較 シャープ パナソニック
画素数 3840×2160 3840×2160
4K
倍速液晶
HDR
画面分割
チューナー 3 3

画素数は4K対応の3840と横並び。通常テレビは1秒間に60コマを表示していますが上記2メーカーの60インチは1秒で120コマを表示できる倍速液晶に対応しています。

明るい部分と暗い部分をハッキリ表示するHDRにも対応。画面分割によって2番組を同時に見ることもできます。

外付けHDD録画はテレビを見ながら裏番組を2つ同時録画可能。キーワードを設定しておけば関連する番組を自動録画してくれる機能もついています。

メーカーの違いまとめ

比較 シャープ パナソニック
IPS ×
PC端子 D-sub15pin ×
DTCP-IP ×
Amazonビデオ ×

IPS方式の液晶

IPS方式の液晶は視野角が広いのが特徴です。横から見ても、寝転がって下から見ても画像がつぶれにくいメリットがあります。

PC端子

シャープはD-sub15pinが使えますが最近のPCはHDMI端子なのであまり意味がありません。HDMI端子ならどちらのメーカーも4端子が使えます。

DTCP-IP

これがあると異なるメーカーのレコーダーとネットワーク連携ができます。DTCP-IPがない場合、同じメーカーの機器としか連携することができません。

Amazonビデオ

月額400円のAmazonプライムを再生する機能です。

私はプライムに加入していて映画、ドラマ、アニメ、お笑い番組の見放題をかなり使っています。パナソニックはプライムがテレビに内蔵されているので普通にテレビを見る感覚で動画が見られます。

この記事のまとめ