22インチ~24インチのテレビ比較2018

画質優先ならフルHD対応の機種!!
22型と24型テレビの選び方についてまとめました。

22~24インチTVの最安値ニャ!

22インチの相場価格は20,000~35,000円です。

このスペック帯では22インチを販売しているメーカーもあれば24インチを販売しているメーカーもあり、サイズが統一されていません。買うときは特定のサイズを決めず「22~24から選ぶ!」というように幅を持たせると選びやすくなります。

22インチと24インチはどっちが安い?
22インチのほうが5,000円以上安いニャ!

メーカーで選ぶニャ!

22~24インチテレビを販売している主なメーカーは以下の3種類。

  • 22型シャープ(アクオス)
  • 24型パナソニック(ビエラ)
  • 22型レボリューション

それぞれの特徴を見ていきましょう。

シャープ

シャープのアクオス最大のメリットはフルハイビジョンへの対応です。

アクオスを選ぶメリットを詳しく紹介します。

フルハイビジョン対応

シャープは画面の精細さをあらわす画素数の数値が高いという特徴があります。

一般的なテレビは「1366×768」という画素数ですがアクオスは「1920×1080」のフルハイビジョンに対応しています。

テレビは点の集合で映像を表現しています。画素数が多い=点の数が多いと考えるとわかりやすいですね。

チューナー数が多い

22インチのアクオスはパナソニックと同じくチューナーが2つあります。

外付けHDDを繋いで番組を録画するとき、見ている番組以外を録画することができます。チューナー数が1つのテレビは見ている番組しか再生できません。

画面分割

画面を分割して2つのチャンネルを同時に見る機能がついています。22~24インチ帯のテレビで対応しているのはアクオスだけです。

パソコン画面をテレビに映せる

D-sub15pinという端子に対応しているのでパソコン画面をテレビに映せます。

パソコンのモニター代わりとしても使えるので汎用性が高いですね。

パナソニック

パナソニックのビエラの最大のメリットはサイズの大きさです。

ビエラを選ぶメリットを詳しく紹介します。

24インチテレビ

ビエラは22インチとそれほど変わらない価格帯にもかかわらず24インチ。画面サイズが大きいというのが特徴です。

シャープ22インチと比較して約6cmも横幅が広いので字幕付きの映像が見やすくなります。

チューナー数が多い

シャープと同じくチューナーが2つついているため裏番組の録画が可能です。

レボリューション

レボリューションの最大のメリットは価格の安さです。

レボリューションを選ぶメリットを詳しく紹介します。

価格が安い

圧倒的な安価で買うことができます。19インチより安いのでとにかく安くテレビを見たい人に向いています。

表記は22インチとなっていますが画面サイズが21.5インチなので通常の22型よりも少し小さめです。また、BS放送とCS方法に非対応なので注意しましょう。

この記事のまとめ