違いがわかる!19インチのテレビ比較2018

コスパならアクオス!!
19型テレビの選び方についてまとめました。

19インチTVの最安値ニャ!

19インチの相場価格は18,000~30,000円です。

高性能機種でも25,000円前後が一般的。30,000円で売っているのはテレビは高いので買う店を変えるといいでしょう。

19インチをやめて22インチにすると高くなる?
22インチは値段が5,000円くらいUPするニャ!

メーカーで選ぶニャ!

19インチテレビを販売している主なメーカーは以下の3種類。

  • シャープ(アクオス)
  • パナソニック(ビエラ)
  • オリオン

それぞれの特徴を見ていきましょう。

シャープ

シャープのアクオス最大のメリットはチューナー数の多さです。

アクオスを選ぶメリットを詳しく紹介します。

チューナー数が多い

シャープはチューナー数にも力を入れています。19インチでも地上デジタルチューナーが2つついています。

外付けHDDを繋いで番組を録画するとき、見ている番組以外を録画することができます。チューナー数が1つのテレビは見ている番組しか再生できません。

画面分割

画面を分割して2つのチャンネルを同時に見る機能がついています。他メーカーの19インチにはこの機能がついていません。

パソコン画面をテレビに映せる

D-sub15pinという端子に対応しているのでパソコン画面をテレビに映せます。

パソコンのモニター代わりとしても使えるので汎用性が高いですね。

パナソニック

パナソニックのビエラの最大のメリットは画質の綺麗さです。

ビエラを選ぶメリットを詳しく紹介します。

IPS方式に対応

IPS方式とは液晶画面をキレイに映すための技術。ビエラはIPS方式のため視野角が広くなっています。

テレビの横から見たとき、下から(寝ながら)見たときでも高画質で見ることができます。

オリオン

オリオンの最大のメリットは価格の安さです。

オリオンを選ぶメリットを詳しく紹介します。

価格が安い

家電量販店やネットショップでもセール対象になりやすく、安価で買えるのがオリオンの魅力です。

安い代わりに機能はシンプル。チューナーは地デジのみです。

BS放送やCS放送は見れないので注意しましょう。

この記事のまとめ