1万円以下の安い小型ドローン比較!エアセルフィーの選び方

ドローンで罰金!?
ドローンを安全に使うためのルールや小型ドローンの選び方を紹介します。

小型ドローンって何ニャ?

ドローンとは無人の飛行機という意味で大きなものから小さいものまでサイズがバラバラです。

その中でも自撮り用ドローンのことを小型ドローンと呼びます。

ラジコンのように簡単操作でドローンを操れば景色を空撮したり空からの自撮りができるようになります。

ドローンにはルールがある?

ドローンは航空法によって飛行禁止区域が決まっています。

飛ばす場所によっては申請して許可を取らないと違反になってしまいます。

許可なしで飛ばすには?

次の条件を守れば許可がなくても飛ばせます。

  • 誰かの私有地ではないこと
  • 空港などの特定施設から10km以上離れること
  • プライバシーを覗けない場所
  • ドローンが肉眼で見える状態であること

家が近くにあるとプライバシーを覗けてしまうのでアウト。公園もアウトです。

外で使えるのは海や山や川あたりに限定されそうですね。

屋内なら許可なしOK!

自分の部屋の中など屋内で飛ばす分には許可不要です。

外でも許可なしで撮る方法

200グラム以下の小型ドローンなら航空法による制限はありません。

常識的な使い方であれば申請をせずに使うことができます。このページでは200グラム以下のドローンだけを紹介しています。

※ルールは変わる場合があるので詳細は国土交通省のページで確認してください

小型ドローンの選び方ニャ!

カメラの画素数で選ぶ

ドローンについているカメラの性能は様々です。

30万画素~200万画素のHDカメラを積んだ機種まで幅広い選択肢があります。

リアルタイム機能で選ぶ

FPV機能と呼ばれるものでカメラの映像をリアルタイムでスマホに転送できます。

スマホ画面を見ながらドローンを操作することができるので便利です。

空中で止まれる

ホバリング機能と呼ばれるものです。空中にふわふわと浮いていられる機能です。自撮り用ならホバリングできる機種がおすすめです。

ヘッドレスモードがある

ヘッドレスモードとは機体の向きに関係なく操縦する機能です。ドローンの頭がどっちを向いていてもコントローラーの右を押すと右に飛びます。

これがあると初心者でも簡単に操縦できるので初めてドローンを触る人におすすめの機能です。

1万円以下のおすすめドローンニャ!

HUBSAN NANO Q4 CAM PLUS

ジーフォースのナノQフォーカムはマイクロSDが標準で付属する格安のドローンです。

ジーフォース
NANO Q4 CAM
相場目安:4200円
  • ヘッドレスモードで簡単操作
  • とにかく安い
  • スマホへのリアルタイム転送なし

スマホへのリアルタイム転送がないので撮影した写真はSDカードの中に記録されます。スマホに移動するにはSDを差し替える手間がかかるのが難点ですね。

Holy Stone HS190W

HS190Wは手のひらサイズのドローン。格安なのに多機能でコスパに優れた機種です。

Holy Stone
HS190W
相場目安:6400円
  • リアルタイムにスマホに映像を転送
  • ホバリングOK
  • ヘッドレスモードあり

ドローンの操作は付属のコントローラーからもできますしスマホから操作することもできます。

Holy Stone RTF F181C

定価は1万2千円ほどの高機能ドローンですが現在はセールで1万円以下になっています。

  • 200万画素のカメラ
  • ヘッドレス簡単操作
  • ホバリングOK
  • microSDカード付き
  • プロペラガードがあって壊れにくい
  • リアルタイム転送なし

スマホへのリアルタイム転送なしが大きなデメリットになります。

大きさもあってデザインはカッコイイのでリアルタイム転送が要らないという人にはおすすめできるドローンです。

※N Kobaさんの動画です