浄水器はポット型と蛇口型のどっちが良い?選び方は「料理」で決まる

ポットと蛇口で10倍違った!!
ポットと蛇口のどちらにしようか迷っている人に向けて、ポット型浄水器と蛇口型浄水器のメリット・デメリットを比較します。

メリット・デメリットを比べるニャ!

ポット型のメリットとデメリット

  • 浄水の性能が高い
  • 冷蔵庫に入れて冷やしておける
  • 事前に水を入れておかないと使えない
  • 「ろ過」スピードが遅い
  • 使うたびにポットに水を追加しなくてはいけない

蛇口型のメリットとデメリット

  • 浄水器を意識しなくていい
  • 使いたいと思ったらすぐ使える
  • 浄水性能が弱い

浄水性能が高いのはどっちニャ?

実はフィルタは同じ

メーカーにもよりますが、使われているフィルタはポット型も蛇口型も同じです。

活性炭+中空糸膜フィルターが使われています。

使い方によっては浄水性能も同じ

ポット型は「ろ過」が遅い

ポット型は、上の容器にある水が、下の容器に落ちる時に浄水されます。

砂時計のようなイメージです。

重力で押された水がフィルターを通っていくので、1分で0.1Lしか浄水できません。

逆に言えば、しっかりとフィルターで「ろ過」されるということです。

蛇口型は「ろ過」が速い

蛇口型は、水道の勢いを使ってフィルターを通します。

水圧で押し出すので、ポットと比べて「ろ過」スピードが10倍速くなります。

蛇口をひねりすぎると、しっかりと「ろ過」されないまま水が出てしまいます。

蛇口をちょうどよくひねると?
ポット型と同じように「ろ過」できる
蛇口をひねり過ぎると?
「ろ過」が不十分になる

蛇口をひねり過ぎなければ、蛇口型も浄水性能が低いわけではありません。

維持費が安いのはどっちニャ?

フィルタの維持費が安いのは蛇口型の浄水器です。

ポット型は1Lあたり3.9円~8.3円なのに対し、蛇口型は1.3円~3.3円です。

フィルタの交換回数

交換回数が少なくて済むのも蛇口型です。

ポット型はだいたい200リットルごとに交換が必要ですが、蛇口型は1,000~3,000リットルくらい使えます。

ポット型と蛇口型の決めては料理ニャ!

ポット型は「ろ過」スピードが遅いので、一度に沢山の水を使うことができません。

もしポット型の水でお米を研ごうとしたら一発でなくなります。

決め手は料理

浄水器を選ぶ時は料理に浄水を使うかどうかが決め手になります。

料理に浄水を使うなら、蛇口型の浄水器を選ぶしかありません。でないと、かなり不便なことになります……。

私はポット型を使っていますが、飲み水だけを浄水にしたい時に使っています。

ポット型の浄水器を比較

ポット型浄水器の比較!維持費が1番安いのはコレ
維持費が2倍違うなんて!! 5つのポット型浄水器を一覧表で比べました。フィルタの維持費も比較しています。 ポット型が向いている人は誰...

蛇口型の浄水器を比較

ブリタの蛇口直結型浄水器はどう?人気の5つを比較!
ブリタは維持費が2円なのにクリンスイは21円!? ブリタやクリンスイなど、人気の蛇口直結型浄水器を比べました。 蛇口直結型が向いてい...