縦型洗濯機の選び方と比較2017

この記事は次の人に向けた内容です!

縦型を選ぶ時の注意は?

縦型洗濯機のメリットは?

おすすめの洗濯機を知りたい!

ドラム式と比べた縦型のメリットニャ!

  • 汚れを落とす力が強い
  • 色移りしづらい
  • 値段が安い(コスパがいい)

縦型洗濯機は頑固な汚れに強い

縦型洗濯機は、底面のハネを回転させて洗濯をおこないます。衣類同士でもみ洗いをした状態になるため、ドラム式と比べて汚れがよく落ちます。

お子さんの泥遊び、部活動で汚れた服を洗濯する場合や、作業着を洗う場合でも強力な洗浄効果を期待できます。

圧倒的なコスパ

洗濯の容量と値段のバランスで見ると、縦型は非常に安く買うことができます。
従来からある縦型は「作り方」「パーツの流通」などが最適化されており、制作コストがドラム式よりも安いためです。

縦型洗濯機を選ぶ基準ニャ!

乾燥機能で選ぶ

縦型洗濯機の値段は、乾燥機能の有無によって大きく違います。

  • 乾燥機能なし
  • 簡易乾燥機付き
  • 乾燥機付き

の3種類があります。

簡易乾燥機付き

→完全には乾燥せず、干したとき早く乾くようになる機能

乾燥機付き

→完全に乾燥させる機能(干さなくてもOK)

最近の縦型洗濯機には乾燥機なしは殆どありません。最低でも「簡易乾燥」がついており、値段が高いと「乾燥機」がついている状況です。

容量で選ぶ(洗濯機の大きさ目安)

一度に洗濯する量に合わせて洗濯機の大きさを決めます。1日の洗濯量は1人あたり1.5キロが平均です。

1人暮らし

→6キロ~7キロの洗濯機

2人暮らし

→7キロ~8キロの洗濯機

3~4人暮らし

→9キロの洗濯機

5人暮らし

→10キロの洗濯機

6人暮らし

→11キロの洗濯機

おすすめの洗濯機ニャ!

安さコスパ重視

安い縦型洗濯機ならハイアール東芝です。

容量が4.2kgと小さいため、1人暮らしなら3日に1回、2人暮らしなら毎日洗濯をすることになります。

東芝も容量、価格帯ともに同じです。

上記2機種の比較

ハイアールの「JW-K42K」と東芝の「AW-4S3」を比べます。

機能 ハイアール 東芝
カビ取り機能
予約タイマー
省エネ ×
節水 ×
簡易乾燥
乾燥機 × ×
洗濯槽 ステンレス プラスチック

洗濯槽のカビ対策を考えるならステンレス槽を使っているハイアール(JW-K42K)のほうが優秀です。

容量が大きくて安い洗濯機

容量が大きくなると東芝は値段が上がってしまうのでハイアールの一択です。
ハイアールには6キロ版と7キロ版があります。

音が1番静かな洗濯機

洗濯機の騒音はデシベルという単位で表します。機種によって37~55デシベルの幅がありますが、ここでは37デシベル(最小の騒音)の洗濯機を紹介します。

37デシベルに対応しているのは東芝の機種のみです。
シャープも静音に力を入れていますが、騒音値が38デシベルなので東芝より音が大きいです。

評価の高い能力重視の洗濯機

シャープ8.0kgの穴なし槽プラズマクラスター洗濯機(TX840)です。

穴なし槽の特徴

穴なし槽とはそのままの意味で、洗濯槽に穴が空いていないということです。

カビの防止
洗濯槽の裏側に水が入らないので、裏側に黒カビが生えるのを防止できます。

ひっかかり防止
衣類の繊維が穴に引っかかっることがないので、衣類の傷みを減らせます。

節水
穴のある通常の洗濯槽では「外槽」と「内槽」があり、外と内の間にも水が溜まっていました。穴なし層は内槽だけなので無駄な水を使いません。

TX840の注意点

初期設定では槽クリーンがオフになっているので、一番最初に使うときにオンに設定します。
オンにすることで「洗濯のたびに自動で槽の汚れを洗い流す」+「プラズマクラスターで洗濯槽内部のカビ菌を抑制」の機能が働きます。

かなりの節水モードになっているため、洗濯量が多いときは自分で水位を調整すると上手く洗濯ができます。