安全に使える条件とは?タコ足タップ(コンセント増やし)の選び方

パソコンのコンセントが足りないぞー!!
コンセントが足りない時に使える「コンセント増やし」について紹介します。危険な使い方をしないための注意点も合わせて書いていきます。

コンセントの基本ニャ!

電源タップとテーブルタップの違いは?

コンセントの差し口を増やすアイテムのことを、電源タップと呼びます。

電源タップの他には、「タコ足タップ」「OAタップ」「テーブルタップ」とも呼ばれますが、中身は一緒です。

コンセントとタコ足タップの違いは?

コンセントとは、家の壁についている電源プラグの差し口のことです。

家によって、1箇所に1~3つの差し口があります。1箇所に2つの電源プラグを挿せるのが一般的ですね。

タコ足タップの種類

シンプル型

単純にコンセントの数を増やすだけのタイプです。

サージ付き型

サージ型というのは、雷ガード機能つきタコ足タップのことです。

雷が落ちたときコンセントから強い電圧が流れることがあり、それによって機器が故障するのを予防してくれます。

ホコリ防止型

コンセントの入り口にフタがついているタイプです。

たとえば、8個口のタコ足タップを買ったけど、7個を使って、1個が余ってしまうことってありますよね。

フタなしだと空いているコンセントにホコリが入ってしまいますが、フタ付きのものはホコリが入らないようになっています。

コンセントのホコリは火事の原因にもなりますので、安全性を考えるなら出来るだけフタのついたものを選びたいです。

一括スイッチ型

タコ足タップに1つのスイッチがついているタイプです。

オフにすると、そのタップに繋がった全ての機器の電源を落とせます。

個別スイッチ型

差込口ごとに電源スイッチがついているタイプです。

一括タイプとは違って、好きな機器の電源を個別に落とせます。

スイッチをオフにしておけば待機電力を抑えらるので、電気代を節約したい時に最適です。

ホコリ防止とスイッチの両方がついているタイプもあります。おすすめは個別スイッチ型です。好きな家電の電源を切れるので無駄な電気を使わずに済みます。

コンセントを増やす時の注意点ニャ!

繋ぎすぎに注意

タコ足タップには、使える電気量に上限があります。

たとえば、1,500ワットまでのタコ足タップでは、それ以上の電気は使えません。

トースターの1,000ワットと電子レンジの1,200ワットを同時に使おうとすると、片方の電源が落ちたり、機器に不具合が発生します。

パソコンに使うとき

パソコン、特にデスクトップパソコンはコンセントを沢山使いますよね。

PC本体、ディスプレイ、スピーカーで3つ必要で、プリンターやスキャナを使えばさらに増えます。

パソコンのデータは消えやすいため、雷ガード機能付きのタップを選んだほうがいいでしょう。

もし雷が落ちても、壊れるのが家電なら買い直せばなんとかなります。しかし、パソコンデータの場合はそうもいきません。自作した画像、家族の写真データ、仕事用の資料など、お金を払っても戻らないものが多いです。

パソコン用のタコ足タップに雷ガード付きがおすすめなのは、そういう理由です。

タコ足タップの選び方ニャ!

延長ケーブルで選ぶ

タコ足タップは、コンセント本体だけのものと、コンセント本体からケーブルが延びているものがあります。

ケーブルが延びているものは延長ケーブルとして使うことも可能です。ケーブルの長さで選んでおけば、好きな位置まで電源を延ばすことができます。

繋げる家電の数に合わせる

タコ足タップは意外に場所を取るので、使う家電の数に合わせて選びたいです。

余裕を持つ

常時使うコンセントの他に、一時期的に使うコンセントがある場合は、少し余裕を持っておいたほうが便利です。

たとえば、掃除機をかける時にいちいち別のコンセントを外すのは手間になってしまいます。掃除機用として最初から空けておくのが良いでしょう。

おすすめタコ足タップの紹介ニャ!

人気のタップを比較

比較 エレコム TAPキング AC対応
画像
口数 6個口 6個口 4個口
雷ガード ×
ホコリ防止 × ×
スイッチ 個別 一括 ×
ケーブル 1m 1.8m 0.2m
USB充電 × 2つ ×
AC 回転 分岐
評価 602件 49件 185件
価格 1,400円 2800円 1,200円

ACアダプタって何?

通常の電源プラグではなく、黒くて大きい箱型プラグのことです。

隣り合ったコンセントに挿せないという問題があります。

これを解決するのが、回転式または分岐式と呼ばれるタコ足タップです。

コンセント部分の回転させてACアダプタの差し込みに対応したり、分岐(複数のケーブルが延びている)で対応したりできます。

音楽機器に使えるタコ足タップ

FURMANのPST-8D パワーコンディショナーです。

ノイズが少なく、原音の再現度が高くなります。

定価27,000円です。タコ足タップにしては値段が高いですね。

PST-8D

オシャレなタコ足タップ

イージーキュービックタップ

好きな形に変形させられるタコ足タップです。

4個口

5個口

クネクネと曲げて、好きな形を作れます。円形に配置するとオシャレです。

キューブ型電源

サイコロの形をしたタコ足タップです。

積み木のように複数個を重ねて使うこともできます。テーブルの下にくっつけることができ、グチャグチャの配線を隠すこともできます。

安全面を考えるとホコリ防止機能がついているTAPキングがおすすめです。USBの出力もついているのでスマホやタブレットの充電にも使えますね。