タブレット用キーボードの選び方!ドックの必要性が「ない」人の特徴

私がK380を買ったワケは……。
タブレットを使いこなすための必須グッズ「タブレット用キーボード」の違いや買い方についてまとめました。

タブレット用キーボードは3種類あるニャ!

タブレットで使えるキーボードには大きく3種類あります。

まずはその3つを紹介します。

Bluetoothキーボード

Bluetoothという無線を使って接続するキーボードです。

無線モバイルキーボード、無線小型キーボードとも呼ばれますね。

ほとんどのタブレットはBluetoothに対応しているので、選べるキーボードの範囲が広いです。

メリット

価格が安くて種類も豊富。好みのものを選びやすいです。

キーボードサイズも折りたたみタイプ~フルキーボードまで種類があります。

デメリット

タブレットを立てかけることが出来ません。

最近はタブレットケースに立てかける機能がついているので、タブレットケースを使っている人なら特にデメリットはありません。

キーボードドック

キーボードの上部が凹んでいて、そこにタブレットを差し込めるようになっているタイプです。

Bluetoothで接続するものもあれば、差し込む時に有線接続するタイプもあります。

メリット

キーボードドックを使ったタブレット活用は、2in1スタイルと呼ばれたりします。

キーボードが大きいため、ノートパソコンのようにドッシリと腰を据えて使うのに向いています。

逆に、ポータブル性能を重視する人だと、ドックである必要性はありません。

デメリット

純正キーボードドックは値段が高く、キーボードだけで7万円以上するものもあります。

また、大きいサイズのものはタブレットの持ち運びやすさを減少させてしまいます。

キーボード付きケース

タブレットケースにキーボードがくっついているタイプです。

手帳型ケースの片面がキーボードになってます。

ケースのサイズが決められているので、iPadならiPad専用、MediapadならMediapad専用のものを買わなければなりません。

メリット

キーボードドックに比べて価格が安いです。

ケースと一体型なので持ち運びがしやすく、収納場所をとりません。

デメリット

キーボードの打ち込みやすさに当たり外れがあります。

買ったけど入力がやりづらくて使わなかった……なんてことも。

タブレットにキーボードは必要ニャ?

タブレットはスマホと同じようにフリック入力に対応していますし、画面上に表示したタッチパネルのキーボードを使うこともできます。

ですので、物理的なキーボードが必要なのは一部の人に限定されるでしょう。

キーボードが必要な人

文字を素早く入力したい人です。

入力スピード

物理キーボードがあるとないのとでは入力スピードに大きな違いが出ます。

キーボードがあると記号なども入力しやすいため、長文をタイプしたり、文書作成をする人はキーボードがあると便利です。

向いているのは、仕事で使う人、ブログを書いているブロガーさん、タブレットで日記を書きたい人……などなど。

逆に、ツイッターで短文を打つくらいならフリック入力でも問題ありません。

その他のキーボードのメリット

文字入力以外のメリットは思いつきませんでした。

ゲームをやるにしても、アプリはタップ操作が前提になってますし……。

Bluetoothキーボードがおすすな理由ニャ!

ケース付きやドック型など色々ありますが、私のおすすめはBluetoothキーボードです。

どうしてBluetoothなのか、その理由は3つあります。

サイズを選べる

  • 折りたたみ
  • モバイルサイズ
  • フルサイズ

この中から目的に合わせて選べます。

超コンパクト

たとえば折りたたみキーボードのiClever「IC-BK05」なら手のひらサイズまで小さくなります。

※QT/modeさんの動画です

持ち運べる

私が使っているロジクール「K380マルチデバイス」は、折りたたみではない小型のキーボードです。

打ちやすさを保ったまま、カバンに入れて簡単に持ち運べるサイズになっています。

タイピング重視

自宅で使いたい人ならフルサイズの選択肢もあります。

汎用性が高い

メリットの2つ目は汎用性の高さです。

Bluetoothキーボードを買っておけばタブレット以外にも使うことができますし、タブレットを買い替えても継続して使うことができます。

端末専用のケース一体型と比べると高い汎用性を誇ります。

リスクが低い

3つ目はリスクです。

たとえばキーボード付きケースのほうだと当たりハズレが大きく、レビューも少ないのでハズレを引くリスクが高いです。

なぜレビューが少ないの?
サイズや端末ごとに種類があるので、A機種のケースはA機種を持っている人しか買いません。
必然的にレビュー数が減ります。
Bluetoothだと、A機種でも、B機種でも同じものを使えるのでレビューが集中します。

キーボードドックは値段が高いので、使わなくなった時や故障した時のリスクが高いです。

本体買い換えで使えなくなるのも難点です。

おすすめタブレット用キーボードはコレニャ!

目的別のおすすめタブレットを紹介します。

比較表

製品 相場価格 折り畳み iOS Android Win 接続 キー配列 電池 特徴
Microsoft
GU5
11800円 2台 84キー
日本語
充電
リュウド
RBK-3200BTi
7200円 4台 65キー
US
乾電池 iOS専用
iClever
IC-BK03
3980円 1台 64キー 充電
iClever
IC-BK05
4980円 1台 78キー 充電 光る
Logicool
K380
3200円 3台 84キー
日本語
乾電池 選べる3色
Logicool
K480
3480円 3台 84キー
日本語
乾電池

Windowsタブレットなら

マイクロソフトの「GU5-00014」です。

日本語配列のキーボードなのでWindows10のタブレットで使いやすい仕様になっています。

マルチOS対応。WindowsだけでなくiPadやiPhone、Androidでも使えます。

surface proのようなモバイルPC用として人気です。

iPadなら

リュウド「RBK-3200BTi」です。

iOS専用のキーボードで、US配列を採用しているため、iPadで使いやすい仕様になっています。

接続台数が4台もあるので、iPadとiPhoneの両方に接続する使い方もできますね。

折りたたみキーボードなら

Androidタブレットで折りたたみキーボードを使うなら、iCleverのICシリーズがおすすめです。

IC-BK03

IC-BK03は値段が安く、WindowsやiOSのキーボードとしても使うことができます。

裏側がアルミ素材なので高級感と耐久性があります。

IC-BK05

IC-BK05は03のサイズをアップさせたキーボードで、キー数が64から78に増え、サイズが少し大きくなっています。

IC-BK05はUSBケーブルによる有線接続にも対応しているので、無線でタブレット接続、有線でノートパソコンに接続するといった使い方もできます。

モバイルキーボードなら

Androidのモバイルキーボードならロジクールの「K380」か「K480」です。

パッケージ

基本的な機能は同じですが、K480はキーボードを立てる部分があり、キーボードドックのような使い方ができます。

K380のサイズ

8インチタブレット(ケース)との比較です。

横が少し出ちゃってます。

タブレットと横幅がピッタリだと見栄えがいいのですが、そうするとキーが小さくなって打ちづらいので、どちらを取るかですね。

K380のキー配置

丸いキーが特徴です。

EnterキーとTabキーが大きめで押しやすい配置になっています。半角/全角切り替えも一般的な位置にあるので、特に不便な点はありません。

K380・K480のメリット

  • キーとキーが離れているので誤タイプが少ない
  • 乾電池なので外で買い足せる
  • キーサイズが大きい
  • 幅28cmなので大抵のカバンに入る

バッテリーに乾電池を採用しているのは大きな特徴です。

充電を忘れてしまったり、出張の途中でバッテリーが切れてしまっても、コンビニで電池を買えばすぐに対応できます。

サイズが小さいのにキーが押しやすいのもポイントです。

タイピング腕試しを試しました。

パソコン用のキーボードだと。
タイピングスピードPC

K380だと。
タイピングスピードタブレット

K380でもそこまでタイピングスピードは落ちず、オフィスワークが出来るレベルで使えることがわかります。