microSDカードの比較2017

コスパの高いmicroSDはどれ?
スマホや3DSのゲーム用microSDが欲しい!
メーカーごとの違いは何?
これはどんな記事?

おすすめのmicroSDカードを知りたい人向け!
microSDカードを比較します。

使い道でmicroSDカードを選ぶニャ!

microSDカード選びの基準

microSDカードを選ぶときに大切なポイントは3つあります。

それは、

  • 保存容量
  • データ転送速度
  • カードの値段

の3つです。

スマートフォンに使うなら

ゲームデータをインストールするなら、Class10の高速タイプを選びたいところです。ゲーム起動までの読み込み時間が変わります。

単純に、写真(写メ)保存の容量を増やすだけなら、そこまで高速性は要りません。

おすすめは、サンディスクのUltramicroSDHCカードClass10です。

読み込み速度と容量のバランスが取れたmicroSDカードです。

  • コスパが高い
  • 海外パッケージ

タブレットで電子書籍を読むなら

Class10の高速タイプ推奨です。

遅いmicroSDカードだと、ページめくりや起動時の読み込み速度にイライラする可能性があります。

おすすめはAmazon限定のシリコンパワーmicroSDHCカードです。

非常に速いスピードの、高性能重視microSDカードです。

  • 無期限で保証あり
  • 国内サポート
  • 値段が高い

ポータブルMP3プレイヤーに使うなら

保存する曲数に応じて、容量を選びます。

Class2のカードを使っても、音楽が途中で止まるなどの不便はありません。

東芝のmicroSDHCがおすすめです。

容量あたりの値段が安く、コスパが高いmicroSDカードです。

32GBの容量には約7,000曲が保存できます。CDアルバムにすると700枚分です。

  • コスパが高い
  • 海外パッケージ

Newニンテンドー3DSに使うなら

ニンテンドー3DS対応と表記されているものがおすすめです。

また、ニンテンドー3DSを小さい子に持たせる場合、落としたりぶつけたり、衝撃があるかもしれません。

故障に備えて、無期限保証のmicroSDカードがいいでしょう。

おすすめはAmazon限定の[Transcend microSDHCカード Newニンテンドー3DS 動作確認済]です。

ある程度の安い値段で、無期限保証がついているmicroSDカードです。

  • Amazonベストセラー1位
  • 転送中にエラーが起きても自動修正
  • 他メーカーより最高速度が遅い
  • 値段が高い

4種類のmicroSDを比較ニャ!

メーカー 値段 最高速度 保証 口コミ
サンディスクの16GB 安い 1秒で
→48MB
なし Amazonの評価
シリコンパワーの16GB 並み 1秒で
→85MB
無期限保証 Amazonの評価
東芝の32GB 安い 1秒で
→40MB
1年間 Amazonの評価
トランセンドの16GB 高い 1秒で
→20MB
無期限保証 Amazonの評価

総合的なおすすめは、シリコンパワーのmicroSDカードです。

最大読み出しスピードが1番速く、容量と値段のコスパも悪くありません。Amazonの評価では、9人中9人が星4以上の高評価をしています。