6万円~7万円予算で地デジ録画デッキを比較2016

7万円以下で買える録画機のおすすめは?
6万円くらいの予算で買えるレコーダーはどれ?
コスパの高い機種を安くには?
これはどんな記事?

6~7万円の予算で録画デッキが欲しい人向け!
7万円前後の価格で買えるデッキを比較しました。

予算6~7万円で4機種を比較

※販売時期により価格変動あり
※参考価格:Googleショッピング検索結果
※画像リンク:Amazon

メーカー 参考価格 容量 同時録画 最大録画 型番
パナソニック
72,700円 1,000ギガ 3番組 1,350時間 DIGA
DMR-UBZ1020
東芝
71,370円 2,000ギガ 3番組 3,662時間 REGZA
DBR-T2007
シャープ
64,700円 2,000ギガ 3番組 2,163時間 AQUOS
BD-NT2000
ソニー
69,500円 2,000ギガ 3番組 2,903時間 BDZ
ZT2000

上記4製品に共通する機能

  • 3D映像に対応
  • HDD増設OK
  • スマホから録画予約
  • 録画したものをスマホで見る
  • 地上デジタル対応
  • BSデジタル対応
  • 110度CS放送対応

パナソニックDIGAのメリット・デメリット

SDカード対応
Ultra HD Blu-ray
光デジタル音声出力端子
電気代が安い
  • 次世代ブルーレイ(高画質)に対応
  • 普通の番組を高音質化
  • 番組に合わせてサウンドモードを自動切り替え
  • 声が聞き取りやすい、はっきり再生機能あり
  • Amazonプライムビデオのアプリが使える
  • NAS機能(パソコンとのデータ共有が簡単)
  • 保存容量が少ない

東芝REGZAのメリット・デメリット

SDカード対応
Ultra HD Blu-ray
光デジタル音声出力端子
電気代が安い
  • 4機種の中で節電ナンバーワン
  • 時短モードによりCMスキップ再生ができる
  • 無駄な部分がなくなり1時間の放送を50分で見られる
  • どんな番組も5分間でダイジェストを再生できる
  • ダイジェストで見る番組・見ない番組を判断できる
  • CMカットは100%ではない

シャープAQUOSのメリット・デメリット

SDカード対応
Ultra HD Blu-ray
光デジタル音声出力端子
電気代が安い
  • 連続ドラマを一気に予約できる
  • 見たいシーンから再生できるサーチ機能あり
  • 好きなアーティストが出ている部分だけを探しやすい
  • Amazonで悪い評価が1件もない(2016年現在)
  • 途中まで再生したDVDの続きを見る時、最初から再生してしまうことがある

SONY BDZのメリット・デメリット

SDカード対応
Ultra HD Blu-ray
光デジタル音声出力端子
電気代が安い
  • 番組表に、出演者などの情報が詳しく表示される
  • 再放送の重複録画を回避する機能あり
  • 操作した時の反応が遅い
  • 61人中、51人が悪い評価をしている
  • レコーダーを新しい機器に買い替えたとき、過去の番組を引き継ぐことができない

※2016年11月18日のアップデートでお引っ越し機能が追加されました