PCスピーカーの比較と選び方2017

この記事は次の人に向けた内容です!

コンセント型とUSB型って何が違うの?

安いPC用スピーカーはどれくらいの音質?

高評価のPCスピーカーはどれ?

PCスピーカーには3つの種類があるニャ!

PC用スピーカーの種類は3つあります。

  • コンセントを挿すタイプ(線2本)
  • USBケーブルを挿すタイプ(線2本)
  • USBケーブルを挿すタイプ(線1本)

それぞれの違いを見ていきましょう。

コンセントを挿すタイプ


一般的なコンセントから電源をとって音を鳴らすタイプです。

ケーブルは2本挿す

1つはコンセントに電源ケーブルを挿します。
もう1つは、ステレオミニプラグ(↓のようなプラグ)をパソコンに挿します。

特徴

  • コンセントの空きが必要
  • 音質がいい
  • 大きい音が鳴らせる

電源がコンセントなのでパワーがあり、高音質で音楽を鳴らせます。

USBケーブル(線2本)


パソコンにUSBケーブルを挿して電源をとるタイプです。

ケーブルは2本挿す

↑画像のような「USBケーブル」と「ミニプラグ」の両方をパソコンに挿します。

特徴

  • コンセント不要
  • 音質イマイチ
  • 音が小さめ

2本のケーブルをパソコンに挿すのでデスク周りがスッキリします。電源が弱いので音質はイマイチです。音のいいラジオくらい音質です。ものによっては低音がほとんど鳴りません。

USBケーブル(線1本)

パソコンにUSBケーブルだけ挿すと音が鳴るタイプです。
ケーブルは1本だけです。

特徴

  • コンセント不要
  • 音質はそこそこ
  • ケーブルがごちゃごちゃしない

電源が弱いので音質はそこそこです。

タイプ別PCスピーカーのおすすめニャ!

コンセントを使いたくないなら

安さ重視

コンセントを使わないスピーカーで安さ重視の場合はエレコムのUSB電源タイプ0.5Wです。

ケーブルは2本。USBケーブルとミニプラグをパソコンに挿します。
これは私が現在使っているスピーカーで、聞ければいいという人にはベストだと思います。

機能について
スピーカーについたツマミで音量調整ができます。

イヤホンを挿すところがついていて、イヤホンを挿すとスピーカーからは音が出なくなります。ただし、イヤホンを挿すとノイズが酷すぎて使い物になりません。スピーカー専用と考えたほうがいいでしょう。

スピーカーの音質はラジオのような音です。

Amazonレビュー

音質重視

コンセントを使わないスピーカーで安さ重視の場合はサンワサプライのハイパワーUSBです。

安さ重視と比べると、かなり音質にこだわっている機種です。
普通ならコンセントに挿さないとパワーが出せません。このスピーカーは内部に蓄電することで、安物コンセントタイプ以上のパワーが出せるようになっています。

それでも、評価欄を見るとわかるようにUSBタイプには限界があります。音にこだわりがあるならコンセントタイプがおすすめです。
Amazonレビュー

コンセントありでコスパ重視なら

安くて音質を求めるならクリエイティブのA350です。

サブウーファーがついているので重低音も鳴らすことができます。

サブウーファーって?

低音専用のスピーカーです。ウーファーを含めると、この製品には3つのスピーカーがついていることになります。

Amazonの評価がおかしい?

Amazonレビューには2.1Ch(スピーカー2つ+ウーファー)と5.1Ch(スピーカー5つ+ウーファー)の両方の評価が同じページに書いてあり、わかりにくいです。
66件のうち7割近くが星4~星5の製品なので、2.1Chも5.1Chもある程度品質に期待できます。

Amazonレビュー

もう少し音質にこだわるなら

こだわりのある人からも高評価なのがフォステクスのアクティブスピーカーPM0.3です。

1,000円のスピーカーから乗り換えると、PC用スピーカーは音が悪いというイメージを消し去ってくれる製品です。音のバランスが良く、好みにもあまり左右されません。

スピーカーサイズが小さいので、うなるような重低音は無理ですが低音はしっかりと鳴ります。
Amazonの評価は235件の85%が星4以上です。

Amazonレビュー