オーブンレンジの選び方と比較2017

オーブンレンジの機能には何があるの?

オーブンレンジでパンを焼ける?

どのメーカーを選べばいい?

オーブンレンジの種類と違いニャ!

オーブンレンジは電子レンジとは違い、「焼く」「蒸す」の加熱調理ができます。
温める以外にも幅広い用途に使え、グリルやオーブン代わりに使えるのが特徴です。

庫内の違い

電子レンジは庫内にターンテーブルがあって回転する機種が多くみられますが、オーブンレンジで回転するタイプは殆どありません。

中はフラット構造になっていて、コンビニのお弁当をそのまま入れられたり、クッキーを焼く時に広く並べられるようになっています。

ドアが開く方向の違い

オーブンレンジのドアは縦方向に開きます。
横開きのオーブンレンジは殆ど販売されていません。

オーブンレンジ選びのコツニャ!

オーブンレンジを選ぶときは、どんな機能があるかをチェックします。
よくある機能を解説していきます。

過熱水蒸気を使った調理

高温のスチームを使って加熱調理をする機能です。
この機能がついていると、食品が乾燥せず、栄養素の破壊も軽減できます。

ノンフライ機能

油を使わずに「揚げ物」をしたように調理する機能です。
熱風で表面の水分を飛ばすので、サクサク・カリカリの仕上がりになります。

唐揚げやポテトチップスなどをヘルシーに料理できます。

トースト機能

パンを焼ける機能です。買ってきた食パンを焼くのはもちろん、生地からパンを焼ける機種もあります。

オーブンレンジのおすすめニャ!

機能と容量がわかる一覧表を作りました。

メーカー 容量 過熱水蒸気 ノンフライ トースト
パナソニック 26L あり あり あり
東芝 30L あり あり あり
日立 23L あり あり あり
シャープ 18L あり あり なし

パナソニック ビストロ スチームNE-BS602-W

  • スイングサーチ赤外線センサーで温度調整
  • 両面グリルに対応
  • こんがり焼きの設定あり

多機能の万能タイプです。グリル最高温度は250度まであり、脱臭機能があるためメンテナンスも楽になっています。

東芝 石窯ドームER-ND300-R

  • スイングサーチ赤外線センサーで温度調整
  • 解凍や半解凍などのモードが豊富
  • 奥行きが39.9cmの省スペースなのに30Lの大容量

こちらも万能タイプのオーブンレンジです。
石窯メニューを使うと300度の高温で焼き上げできるため、ピザや焼き芋を一気に焼き上げることができます。調理時間を短くすることで水分の蒸発を抑え、旨味を閉じ込めています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-RS7

  • 値段が安い
  • 電子レンジのパワーは5段階切り替え
  • 800W、600W、500W、200W、100W

赤外線センサーと温度センサーの2つを搭載して、オート調理にも対応しています。価格は抑え目ですが容量は小さいです。

シャープ ヘルシオ AX-CA200

  • 絶対湿度を搭載してオート調理
  • グリルやお菓子など102種のモードあり
  • 過熱水蒸気のみでの調理に対応しビタミンなどの栄養素を壊さない

トースト機能のない容量が18Lの小型オーブンレンジです。
庫内にステンレスを使っており、特殊な構造で密閉率を上げています。そのため、中の蒸気を逃さずに調理してくれます。
これにより、レンジ機能を使わず過熱水蒸気のみで調理する機能を実現しました。

大きさの比較

容量30Lの東芝ER-ND300と大きさを比べます。

  • 東芝:幅50cm、高さ39cm、奥行50cm
  • シャープ:幅49cm、高さ35cm、、奥行45cm

奥行きに5センチの差があるので、狭いスペースでも取っ手が出っ張りづらくなっています。