iPhone充電ケーブルの断線対策!買い替えがOKで修理がNGな理由

iPhoneの充電ケーブルは根本が断線しやすい!!
断線を予防する使い方と、断線したあとの対策についてまとめました。

iPhoneが充電出来ないニャ!

iPhoneのケーブルが断線しました。

iPhoneの断線した充電ケーブル

アダプタ側ではなく、iPhoneに挿す側のほうが完全に断線して、中身が見えてしまっています。

この状態になってからでもしばらく使えますが、断線は「発火」や「火事」の原因にもなるので、出来るだけ速いうちに対策を取りたいところです。

私は1年くらい使ったあとに断線しましたが、中には買って1ヶ月でビニールが破れてしまう人もいるようです。

断線対策は3種類

断線したケーブルを交換する方法は3種類あります。

  • 無料で交換する
  • お金を払って修理する
  • 買い換える

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

充電ケーブルを無償交換する方法ニャ!

ケーブルを無料で交換するためには、メーカーの保証期間内であることが条件になります。

保証期間内であるかチェックする方法

自分の端末が保証期間内であるかチェックするには、iPhoneの裏に書いてあるIMEIナンバーを見ます。

iPhoneの裏にはリンゴマークのほか、

  • FCC ID:なんたら
  • IC:なんたら
  • IMEI:数字の羅列

という文字が書かれています。

IMEIの数字を確認したら、次のサイトを開きます。

https://checkcoverage.apple.com/us/en/

数字を入力

IMEIに書かれた数字を半角で入力し、[Continue]ボタンをタップします。
IMEIの入力

すると次のようにサポートの状態が表示されます。
保証期間のチェック

一番下の項目が緑になっていれば、充電ケーブルの無料交換の対象です。

交換の条件

保証期間内だった場合、次の条件を満たすと無償交換になる可能性が高いです。

  • 線が完全に千切れてない
  • 無理やり断線させた痕跡がない
  • 純正の充電ケーブル
  • 断線したケーブルの現物が手元にある

無料交換の申し込み方

Appleのケアサービスに電話をします。電話番号は、

0120-277-535

です。

受付時間は、月~金までは9時から19時まで、土日祝日は9時から17時までです。

電話をかけると自動音声が流れるので、音声に従って番号を答えます。

自動案内は「iPhoneに関するお問い合わせのかたは1を押してください」みたいなやつです。

最終的にはオペレーターに繋がり、住所などを答えると、新しい充電ケーブルが送られてきます。

交換品は、だいたい3日~7日以内に届きます。

お金を払って修理する方法ニャ!

サポート期限が切れていた場合、電話して修理を申し込むと有償修理・有償交換となってしまいます。

金額は2,000円~11,800円と高額です。

これが修理に出すとのがNGな理由です。

本体が壊れてないなら、1,000円以下で充電ケーブルを買い替えたほうがずっとお得です。

ケーブルを安く買い替えるニャ!

修理すると高額になる充電ケーブルですが、AmaoznやYahooショッピングで買うと1,000円以下で手に入ります。

iPhone充電ケーブル
相場価格:798円

私はYahooのメモリーカード王国で買いました。

今は期間限定で、送料無料の168円に値下げ中です。

こちらは純正ケーブルと違ってケーブルが硬く、使っていて断線しにくい感じがします。

対応する製品は、

  • iPhone6s
  • iPhone6splus
  • iPhone6
  • iPhone6plus
  • iPhone5
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPad mini/Air/4th
  • iPod touch 5th
  • iPod nano 7th

などです。

私はiPhone5cで半年使いましたが、ケーブルはまったく劣化してません。

ケーブルの断線を防ぐ方法ニャ!

ケーブルの断線理由は、ケーブルの根本に負荷がかかることです。

シチュエーション別に対策を紹介します。

充電しながらiPhoneを使わない

充電ケーブルを挿した状態で端末を持ち上げると、ケーブル部分が引っ張られて断線しやすくなってしまいます。

充電中はiPhoneに触らないのがベストです。

針金を巻く

ケーブルに針金を巻いて補強すると断線対策になります。

やり方は、i825.jpさんの動画で紹介されています。

壊れたボールペンの針金を使えばタダで実施できますね。