オイルヒーターの選び方と比較2017

オイルヒーターとパネルヒーターの違いは何?
オイルヒーターを使う利点は?
タイマーで電源オンできる機種を知りたい!
これはどんな記事?

オイルヒーターの購入を検討している人向け!
オイルヒーターを比較しました。

オイルヒーターの基礎知識ニャ!

オイルヒーターって何?

暖房器具の中に入ったオイルを温め、間接的に部屋を暖める暖房家電です。
オイルの温めには電気を使います。

パネルヒーターとの違いは?

オイルヒーターとパネルヒーターはどちらも間接的な暖房ですが、次のような違いがあります。

オイルヒーターは電気でオイルを温め、管の中で循環させます。
温まった管が空気に触れることで周囲が暖まります。

パネルヒーターは、電気でパネルを直接温めます。
パネルが空気に触れることで周囲が暖まります。

メリット

  • パネルヒーターより暖房力が高い
  • 空気が汚れず頻繁な換気がいらない
  • 火を使わないので安全性が高い

デメリット

  • パネルヒーターより厚みがある
  • 電気代はパネルヒーターの1.2倍程度
  • 触れても火傷しにくい

燃料について

オイルヒーターという名前から、オイルを燃やして発熱する印象を受けますが、実際に使うのは電気だけです。
オイルは管の中を循環するだけなので消費しません。

選び方のコツを紹介ニャ!

暖房力で選ぶ

製品によって暖められる部屋の広さが違います。

  • 暖房力は畳(じょう)で表記される
  • パワーの弱いもので3畳~8畳
  • 高いもので10畳~13畳
  • 余裕を持ったパワーを選ぶと安心
  • 木造よりコンクリート造のほうが暖まりやすい

タイマー機能で選ぶ

電源のオン、オフをタイマーによって切り替える機能です。
次のシチュエーションで役立ちます。

  • 寝る前に仕掛けて数時間後に消す
  • 家に帰ってくる1時間前につけておく
  • 起きるタイミングで暖房がオンになるようにしておく

温度調整機能で選ぶ

オイルヒーターの温度調整は、パワー調整タイプと、室温調整タイプの2種類があります。

  • パワー調整 室温に関係なくパワーを切り替える
  • 室温調整 設定した温度に室内を保ってくれる

室温調整機能のついたものは値段が高くなる傾向があります。

おすすめのオイルヒーターニャ!

安さ重視なら

アイリスオーヤマのPOH-505Kです。

1.2畳~3.3畳に対応するミニサイズです。
暖めるのに時間がかかるので長時間の利用が前提です。

POH-505Kの評価

34件中、29人が星4以上の高評価をしています。

性能で選ぶなら

アズイチの10枚フィンまたは山善のDO-TL124です。

共通の機能

  • オン・オフタイマー
  • 3段階のパワー切り替え
  • キャスター付き

アズイチの出力

  • 弱 600w
  • 中 900w
  • 強 1,500w

山善の出力

  • 弱 500w
  • 中 700w
  • 強 1,200w

アズイチのほうが暖房力が高く、暖められる範囲が広いです。

チャイルドロック

アズイチにはチャイルドロックがなく、転倒時の自動オフのみです。
山善にはチャイルドロックと転倒オフの両方がついています。

アズイチ

山善