加湿器の選び方と比較2017

この記事は次の人に向けた内容です!

加湿器の違いを知りたい!

加湿器選びのコツは?

コスパの高いおすすめ機種は?

加湿器には4種類あるニャ!

加湿器には4つの種類があります。

やかん方式


お湯を沸かして加湿するタイプです。やかんを火にかけるのと似ています。
正式には「スチーム式」「スチームファン式」「加熱式」と呼ばれます。

やかん式のメリット

  • 加湿のパワーが強い
  • 水蒸気が殺菌されている

やかん式のデメリット

  • 電気代が高い
  • 蒸気の吹き出し口が熱い

向いている人

  • 短時間しか使わない
  • 一気に加湿したい
家にいる時間が少ない人に向いています!

濡れタオル方式


自然に蒸発する水で加湿するタイプです。濡れタオルを干すのと似ています。
正式には「気化式」「ヒーターレスファン式」と呼ばれます。

濡れタオル式のメリット

  • 電気代が安い
  • 吹き出し口が熱くない

濡れタオル式のデメリット

  • 加湿パワーが弱い

向いている人

  • 長時間使う人
  • 家に小さい子供がいる人
熱くならないので安全重視の人に向いています!

組み合わせ方式


「やかん式」と「濡れタオル式」の両方を組み合わせたタイプです。加湿量によって2つの方式を切り替えて使えます。
正式には「ハイブリット式」「加熱気化式」と呼ばれます。

組み合わせ式のメリット

  • 電気代のバランスがいい
  • 色々なシチュエーションに対応

組み合わせ式のデメリット

  • 価格が高め

向いている人

  • 価格を気にせず高機能なものが欲しい人
性能重視の人に向いています!

霧吹き方式


細かい水を霧状に放出するタイプです。霧吹き(きりふき)に似ています。
正式には「超音波式」と呼ばれます。

霧吹き式のメリット

  • 電気代が安い
  • 吹き出し口が熱くならない
  • 加湿パワーが高い
  • デザインが重視されている

霧吹き式のデメリット

  • 水が汚れていると雑菌を部屋に撒き散らす

向いている人

  • デザインにこだわる人
  • 小型の加湿器が欲しい人
  • 水をこまめに取り替えるのが苦にならない人
デザイン重視の人に向いています!

加湿器選びのコツニャ!

対応する部屋の広さ

加湿器が対応する広さは「適用畳数」という数字であらわされます。

適用畳数6~8なら
→6~8畳の部屋に対応

適用畳数が適切だと?

部屋の温度が20度のとき湿度を60パーセントに維持できます。

木造は風通しがいいので、ワンランク上の適用畳数がGOOD!

タンクの大きさ

何リットルの水をセットしておけるかです。

タンクが小さいと?

  • 頻繁に水の入れなおしが発生
  • その代わり小型で省スペース

加湿器のおすすめニャ!

かわいい・おしゃれな加湿器

その1

スリーアップのアロマ加湿器です。

項目 スペック
加湿タイプ 超音波式(霧吹き式)
適用畳数 6畳
タンク容量 1.8L
連続運転 10時間

アロマが使えるナチュラルウッドのデザインが人気です。

その2

バルミューダのレインです。

項目 スペック
加湿タイプ 気化式(濡れタオル式)
適用畳数 17畳
タンク容量 4.2L
連続運転 25時間

ポット型の近未来的なデザインと高い性能が人気です。

50畳に対応する高性能の加湿器

ダイニチのハイブリッドタイプです。

項目 スペック
加湿タイプ 温風気化式
適用畳数 50畳
タンク容量 12L
連続運転 8時間

「濡れタオル式」「温風を当て続ける濡れタオル式」
この2種類の組み合わせになっています。

これにより「濡れタオル式」のデメリットである加湿パワーが弱いを補っています。

コスパの高い1番のおすすめ加湿器

コスパの高い機種と言えば「象印マホービンスチーム」か「パナソニック気化式」です。

おすすめはパナソニック

象印のスチーム式(やかん式)は水垢が溜まりやすく掃除が大変です。
さらに、

  • 象印は適用畳数が13畳、パナソニックは14畳
  • 象印はタンクが3L、パナソニックは4.5L

パナソニックのほうが僅かに性能が高くなっています。

安全性

パナソニックの気化式(濡れタオル式)は、安全性も高いです。
超音波式(霧吹き式)は水をそのまま飛ばすので、雑菌を撒き散らす可能性があります。

赤ちゃんのいる家庭では、この雑菌を吸い込んだことによる健康被害も懸念されています。

濡れタオル式は蒸発した水だけを空気中に飛ばすので安全性に優れます。

価格

象印

パナソニック

2016年現在、価格は同じくらいです。

評価・評判

パナソニックは16人中15人が星4以上の高評価をつけていました。
適用畳数が14畳で足りる人なら、選択肢に入れていい機種だと思います、