ウェブ会議マイクの比較/初心者でもわかるPCマイク

ウェブ会議用として使えるマイクを比較したページです。初めてウェブ会議の準備をするときや、今まで使っていたハンズフリーマイクが壊れてしまったときの参考にしてください。

ウェブ会議用マイクの基本ニャ!

ウェブ会議は、音声のみ、または映像+音声という形で行われます。

会議内容 必要な道具
音声のみ PCマイク
映像+音声 ウェブカメラとPCマイク

どちらの会議をするとしても、PCマイクが必要です。

PCマイクには3種類あるニャ!

PCマイクは、ヘッドセット型、マイク型、大人数型の3タイプがあります。どれを買ったらいいかわからない! という人のために各マイクの特徴をまとめました。

ヘッドセット型

ヘッドセット型は、ヘッドホンとマイクが一体になっています。相手の声をヘッドホンで聞きながら、電話をする感覚で話すことができます。

安いものは千円代から。

マイクとヘッドホンの性能がアップすると価格も高くなります。

ウェブ会議に使うのであれば、ヘッドホンの音質が良くても意味がありません。
3千円以下のものを選びましょう。

マイク型

通話音質にこだわるなら、ヘッドセット型よりマイク型が適しています。
値段に応じてマイクの品質が向上するので、ウェブ会議で音質にこだわるなら安物は避けたほうがいいでしょう。

こちらは500円前後で変えますが、音質はそこそこです。

自宅での仕事や業務用として使うなら、この程度の品質は欲しいところです。

これ以上のマイク(1万円以上)もありますが、ウェブ会議で使うには勿体無いです。実況配信や歌をうたうときに使われるマイクです。

大人数型

別名、ウェブ会議用スピーカーホンとも呼ばれます。複数人の業務用会議では、だいたいこのタイプが使われます。
集音の範囲が360度、半径2.5メートルに対応しているので、机の中央に設置して使います。

ノイズキャンセル(雑音を除去)がついているので、通常よりクリアな音声が相手側に送られます。

ウェブ会議マイクの比較/まとめ

今回はウェブ会議マイクについての比較でした。ウェイブ会議の規模や用途に合わせて、最適なタイプのマイクを探してみてください。
このページで紹介しているものは、評価や評判が良く、当サイトでもおすすめのマイクです。